税金は任意整理できるか

お金があまりない人は、様々な支払いに窮しています。消費者金融からの借金、住宅ローンの返済などは、自分の意思でお金を借りているわけですので、まだ何とか返済しようという気にはなります。

 

しかし、住民税や市区町村民税などの税金は、本人が望むと望まざるとにかかわらず徴収されます。

 

様々な支払いに窮していると、税金の支払いを後回しにするか任意整理しようとも考えてしまいますが、果たしてこれは可能なのでしょうか。

 

税金は任意整理できない

結論から申し上げますと、税金は任意整理できません。任意整理をしたければ、役場の税務課でも行って担当者と交渉すればいいのではと思いますが、一切取り合ってくれません。

 

任意整理だけでなく、特定調停や個人再生、そして究極の債務整理である自己破産をもってしても、税金の支払いだけは逃れることはできません。

 

無視してもいけない

ヤミ金からの借金は無視するに限りますが、税金は無視してはいけません。無視し続けていると、給料や預金の差し押さえなどの強制執行の憂き目にあう可能性があります。

 

税金に関してだけは、任意整理に強い弁護士や司法書士でもどうしようもありません。分納くらいならば交渉の余地があると思いますので、まずは担当の窓口へ行ってみるといいでしょう。

 

税金などもそのままにしていると督促状などが届く場合があります。こうなると非常によくない方向に進んでしまうため、督促状に関しては無視をしないようにしてください。もし無視をすると支払督促を無視した場合にもあるような最悪の事態を引き起こす可能性もあります。