ギャンブルが理由の借金

人が借金をするには様々な理由があります。生活費のためにやむなく借金、他の借金の返済のために借金、自己投資のために借金など、人の数だけ借金の理由はあります。

 

ギャンブルの借金で債務整理できない場合

ギャンブルをするために借金というのも、結構よくある話です。「ギャンブルで借金をこしらえると、理由が理由なだけに任意整理できなさそう」と思うかもしれません。

 

事実、債務整理の一つである自己破産の場合、ギャンブルが理由の借金ですと自己破産が認められません。

 

「破産法」という法律によりますと、免責を認めない「免責不許可事由」の中に「浪費行為」というのがあり、ギャンブルはこの浪費行為に該当してしまうのです。

 

任意整理はできる

ただし、ギャンブルが理由で免責を認めない債務整理は自己破産のみで、それ以外の任意整理を含む債務整理は借金の理由を特に問われることがありません。

 

任意整理は貸金業者との交渉であり、貸金業者からすれば貸したお金を生活費に使おうがギャンブルに使おうが、貸したお金さえ返してくれればいいのです。

 

任意整理を行うと、新たにお金を借りることができなくなりますので、ギャンブル依存の方はそれを契機にギャンブルから足を洗うこともできます。

 

このようにメリットの大きな任意整理ですが、デメリットも存在しています。実際に手続きを進める前にデメリットも知っておくべきなので、詳しくは任意整理の欠点とデメリットを見てください。