ショッピングリボの扱い

最近、クレジットカードのショッピングで便利な支払方法が広まっています。

 

それは「リボ払い」で、いくら使っても毎月の返済金額が一定で、利用金額に応じて返済回数が増えていくという返済方法です。毎月の家計への負担が少なくなるのがメリットですが、返済期間が長くなる、返済総額が多くなるなどのデメリットもあります。

 

クレカショッピングのリボ払いは任意整理できるか

じわじわリボ払いの返済が重くのしかかってきて、返済が思うように進まないこともリボ払いでは多いようです。

 

消費者金融からの借金が任意整理できるのであれば、リボ払いであってもクレカショッピングも借金には違いありませんが、任意整理は可能なのでしょうか。

 

結論からいうと、クレジットカードのショッピングリボも任意整理をすることはできます。ただし、その効果はさほど大きくはありません。

 

というのは、任意整理では利息制限法に基づく引き直し計算を行なうのですが、リボ払いの金利がさほど高くないため、計算をしても借金がさほど減らないからです。

 

将来の利息は減る

それならば、リボ払いを任意整理しても何の意味もないじゃないか、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。将来の利息カットも十分期待できます。

 

リボ払いは利息負担が非常に重い返済ですので、将来の利息を軽減できるだけでもメリットはあります。

 

クレジットカードは使いすぎて支払いができなくなる方も少なくないので、厳しいと感じるならクレジットカードの支払いができない場合を見ておきましょう。