任意整理を成功させるために

任意整理は100パーセントうまくいくとは限りません。債務者の借金や依頼すべき弁護士や司法書士、そして債権者など様々な要因が複雑に絡み合っており、それらの歯車の一つでもうまくかみ合わなければ、任意整理は難しいでしょう。

 

そこでここでは、少しでも任意整理の成功率を高めるためのポイントをいくつか紹介しましょう。

 

 

任意整理を得意にしている弁護士や司法書士を選ぼう

任意整理は自分でもできないことはないですが、手間や労力などを考えれば、弁護士や司法書士に依頼をした方がはるかに効率的です。とはいえ、どんな弁護士や司法書士でも構わないというわけでもありません。

 

弁護士や司法書士が取り扱っている案件は、任意整理に限りません。刑事事件の弁護はもちろん、特許などさほど任意整理とは関係ない分野と専門としている方も少なくありません。そんな人が任意整理を行っても畑違いですので、うまくいく可能性もさほど高くはありません。

 

任意整理を得意にしている弁護士や司法書士を選ぶようにしましょう。

 

該当する貸金業者に強い弁護士や司法書士を選ぼう

任意整理に強い弁護士や司法書士を選ぶのは前提条件ですが、それで十分ではありません。貸金業者の中には、特定の弁護士や司法書士が手掛ける任意整理には一切応じない、そんなスタンスをとっている業者もあります。

 

その理由は、その弁護士や司法書士が過払い金請求でしっかりと利息まで裁判で請求してきたなど、痛い思いをさせられているからであり、いくら実績が豊富でも該当する業者が応じてくれなければ意味がありません。

 

そういった場合、その貸金業者に対して任意整理の実績が豊富な弁護士や司法書士を選ぶといいでしょう。

 

弁護士や司法書士には洗いざらい話そう

弁護士や司法書士もいきなり任意整理の手続きをするわけではなく、まずは債務者から借金の状況についてヒアリングを行います。この際、包み隠さずに洗いざらい話すのがポイントです。

 

多くの弁護士や司法書士の事務所では無料相談を行っていますが、だからといって適当な相談では意味がありません。相談をする際には、自分がどこからいくらくらいの借金を、いつからしているのかくらいは全部把握しておくようにしましょう。

 

把握したら、それらをすべて紙に書いておくと、相談の時にとっても役立ちます。紙に書いておかないと、いざ思い出そうとしてもどれかが抜け落ちてしまうものです。洗いざらい話しても、弁護士や司法書士には守秘義務がありますので、外に漏れる心配はありません。

 

頼れる弁護士や司法書士に相談をするためにも、任意整理の場合には強い法律事務所を選ぶことが大事です。任意整理は交渉力が必要となるため、実績があるところで任意整理相談を進めるようにしてください。

 

また、正規の業者ではなく闇金融から借りている場合には、闇金融を専門とする法律事務所に話を聞かなければなりません。闇金融問題は何かと面倒なものなので、違った対応が必要となるのです。

 

闇金の手口は多種多様

闇金の手口は年々増えていき、今となっては数え切れないほどのものがあると言われています。ですが大きく変わるのではなく細かく違うのですが、大きな意味合いで言えば全てが闇金、ジャンル分けをするならいくつかのジャンルに分けることができます。そこから先が数えきれないほどの数になっているという話です。

 

実際に闇金業者も形を変えていってるので、簡単に尻尾を掴ませないようにさまざまな方法を考えてきます。

 

しかし、形をいくら変えても基本的には闇金と一緒なので、悪質なところも一切変わりません。闇金のことを言葉で語っても怖さが伝わりづらいというのがあります。物理的な恐怖よりも精神的な恐怖が強いからです。

 

まだ小学生くらいのお子さんのいる家庭の場合、返済が少しでも遅れると、毎朝学校に向かう娘の服装を言うためだけの電話をしていきたりもします。

 

これはいつでも娘さんをどうにでもすることができるというアピールになるので、そんな電話が掛かってきたら親ならば気が気じゃなくなってしまうと思います。

 

しかし、このような手口を使ってくるのが闇金業者なので、絶対に近づいてはいけません。いくら形を変えていこうと似たようなことをやっているので、少しでも怪しいと思ったらそこには関わってはいけません。

 

知らず知らずのうちに関わってしまっているなら、被害が大きくなる前に闇金対策の相談を進めるようにしましょう。安心して解決を行うためにも、闇金融に強い弁護士や司法書士を頼ってください。